Home > 先輩社員情報

笠鳥 圭吾

土木施工部
2019年 入社
 
【私の仕事】
入社してすぐに大型特殊免許・車両系建設機械の作業資格を取らせてもらい、 圃場整備の現場で建設機械、主に不整地運搬車のオペレータとして土砂を運搬する仕事をしています。
現場では様々な建設機械が作業しています。常に安全に気を配って作業しています。

【仕事のやりがいと苦労】
私が仕事をしている圃場整備の現場では、いくつかの“田んぼ”を他の業者の方々と協力して大きな一つの“田んぼ”に作り上げています。
ひとつの“田んぼ”が完成するまでにはさまざまな工程があります。雨の中、泥だらけになりながら作業したり、日陰の無いカンカン照りの暑い中での作業など、つらい作業もありますが、日々、形状が変化し、だんだんと“田んぼ”の形が現れるのがわかるので、とてもやりがいがあります。

【この仕事、この会社を選んだ理由】
建設機械のオペレータに憧れ、この職業に就きたいと思っていました。企業見学では実際自分の目で見て、現場の方々の雰囲気も良く働きやすい環境だと感じたことがきっかけでした。

【今後の目標】

まだまだ分からないことが多く、上司の方々に迷惑をかけてしまうことがありますが、たくさんの経験を積み、大きな現場を仕切るオペレータになれるようがんばっています。
大島 香苗

経理部
2018年 入社
 
【私の仕事】
仕入れた材料や、工事を依頼した取引会社への支払いの準備に関する仕事をしています。 日々現場から上がってくる納品書をシステムに入力し、取引会社から届いた請求書と、事前に入力してあった内容と違っていないか確認します。入力されていないものを入力し、請求書の合計額とシステムの額を合わせます。  
すべての入力が終わったら、郵送料、支払条件、相殺額などを確認し、取引会社へ支払案内を送ります。20日の支払いに間に合わせるよう一通りの作業が終わるようにしています。

【仕事のやりがいと苦労】
納品書や請求書の入力を完璧に終えられた時の達成感です。工事で使ったものは材料費、燃料費などの科目に分類してシステムに入力しますが、分類が微妙なものや、合計額が大金になってしまうものがあるので、過去のデータから科目を調べ、金額のわずかな差を訂正して、入力を完璧にするのにまだまだ時間がかかります
経理や簿記の知識がないので、仕事しながら勉強をしなくてはならない点はちょっとつらいところです。毎日、時間を作るのは大変ですが、少しずつ知識がついてきたと思うのは楽しいです。

この会社の特徴や魅力
資格取得の費用は会社から出していただけるのでいろいろな資格が取りやすいと思います。また、取ったほうが良い資格は教えてもらえるので何を取ればよいかわからいない方でも勉強しやすいと思います。
残業が少ないので、定時で帰りやすい職場です。
同年代が少ない職場ですが、従業員はみんな親切なので、なじみやすい職場です。


【今後の目標】

澤井商事は、いろいろな業種を扱いそれぞれ専門性も高いので、どの部署のどの人が何をやっているか把握することが大変です。それをすべて把握し、電話の取次ぎの際スムーズに関連部門や担当者に引き渡せるようにしたいと思います。 また、学生時代に学んできたことと全く違うことを仕事としているので 簿記・経理の知識をつけ、業務に役立てたいと思います。

Page top